2019年 ほっつけ田んぼオーナー制度
ホーム >お知らせ > 2019年 ほっつけ田んぼオーナー制度

2019年 ほっつけ田んぼオーナー制度

 

自分達だけのお米を作ってみませんか?

米という字は「八」と「十」と「八」つまり「88」が起源です。

この為昔から米作りには、88もの多くの手間がかかると言われおり、機械化が進んだ今でさえ30以上の手間がかかります。

このほっつけ田んぼで汗を流し、自分達だけのお米を作ってみませんか?

 

ほっつけ田んぼとは

新しい村周辺は元々沼地で水が溜まりやすい地域でした。

江戸時代に水害被害を少なくする為、沼を堀上げ水路を作り この様な細くて深い田んぼができあがったと言われています。

この「堀上げ田」が現在の「ほっつけ田んぼ」となり、この知恵を伝えていく為に新しい村に再現されました。

 

年間スケジュール

私達のほっつけ田んぼオーナー制度は、自然豊かな田んぼで米作りを行います。
その為天候により予定していたスケジュールが変更することもございます事をご了承下さい。

 

 

ほっつけ田んぼオーナー制度 詳細

条件:田植・草取り(最低1回)・稲刈りに参加

開催日:
  田植え 6月上旬(雨天決行)
  草取り 7月中旬(雨天決行)
  稲刈り 10月初旬~中旬(雨天中止)
  ※予備日を1日設けます。平日(月曜日以外)・土日祝日

料金:
  区画(1) 広さ225平米 135,000円+税 玄米80kgの保証付(最大30名まで体験可能)予約済み
  区画(2) 広さ345平米 160,000円+税 玄米120kgの保証付(最大40名様まで体験可能)

銘柄:埼玉県産米 彩のかがやき

受付/申込:4月中旬締切 先着順 (電話にて受付)

 

お申込み/お問い合わせ

新しい村 農の家
TEL.0480-48-6560
(受付時間 9:00~17:00・月曜定休)

 

このページの先頭へ